×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ひよこグミ


■2003/11

11/28

声に出して読みたい日本語講座です。テープの音声に続いて、復唱してみましょう

Lesson1. 傷つく言葉

Lesson2. 別れの言葉

Lesson3. 元気づける言葉

これが全部実話だってのが笑うトコです


11/27

ふと気になって調べてみた

penny [pe~ni]   ペニー

    イギリスの通貨単位の一. *複数形はペンス
三省堂 『デイリーコンサイス国語辞典』

期待してた分、ガッカリ度、2割増し


11/26 山田君へ

徹夜明けで、真っ直ぐボクのアパートに来ないで下さい

本当に迷惑。ホンットーに迷惑です!

「臭っせー、お前も嗅ぐ?」

いきなりボクの目の前で、34時間モノの靴下を脱がないで下さい!

「お前ん家、落ち着くよな。テレビつけていい?」

ボクは全然落ち着きません

「パージェーロ、パージェーロ」

お願いだから、もう帰って!!


11/25 指

「ねえ おじさん おやゆびは おとうさんゆび なんだよ」

「坊主、よー知っとるなぁ」

「ひとさしゆびは おかあさんゆび!」

「中指は兄ちゃん指で、薬指は姉ちゃん指やろ?」

「そうそう で、こゆびが こどものゆび なんだよね」

「おーおー、賢い子やな」

「あれ?どうして おじさんの こゆびは ないの?」

「え? ああ、おっちゃんなー 事故で子供を亡くしてな」

「へた うったんでしょ?」

「なんや知っとったんかい、かなんなー」

「おじさん、えせ かんさいべん やめなよ」

「か、かなんなー」


11/21 お便り

はじめまして、ろじっくぱらだいすから飛んで来ました

本当に勘弁してほしい。メール見た瞬間、浮いたもの。椅子から2センチは浮いたもの。あまりにも驚いて。満面の笑みでブックマークからロジパラに飛んだ後の敗北感。アナタにもわけてあげたい。このメールの送り主、かなりの策士と見た。まんまと引っ掛かりました。恥ずかしい。一瞬でも飛びあがって喜んだ自分が恥ずかしい。急な腹痛に襲われ、必死の形相でトイレまでダッシュして以来、ついたアダ名が「ベンジョンソン」だった時ぐらい恥ずかしい。笑えない悪戯には殺傷力があります。やめていただきたい

ネタとしては、この上なくおいしかったです


11/19 乾電池

車のラジコンが壊れた。いい歳してラジコン。で、裏の電池のフタを開けて驚いた。電池の液漏れ。電池を替えたり、色々やってみたんだけど駄目。オレのFCが壊れた。赤城最速レッドサンズの白いFC。あんまり悔しいので、文句のひとつも言ってやろうと電池メーカーに電話してやった。

プルルルル ガチャ

「お電話ありがとうございます。お客様サービスセンターです」

「あーもしもし、お宅んトコの電池使ったらさ、ラジコン壊れちゃったんだよねー」

「申し訳けございません。それは落とされたり破損して、といった原因ではないですよね?」

「いやそれはないけど。実は、電池から液体が漏れててね」

「そうでございますか。電池に保証期限が刻印されているのですが、見ていただけますでしょうか?」

「えっ!?電池って保証期間あるの?」

「ございます。電池の側面に刻印されております」

「あっ本当だ!えっと来年まで期限内だね」

「左様でございますか。では着払いで電池とオモチャをこちらまで郵送下さい」

「交換してくれるの?」

「一応コチラで修理に出してみます。それで直らないようでしたら、同等の商品を送らせていただきます」

「そうなんだ。じゃ、じゃあさ」

「はい、何でございましょう?」

「もしこれが、大人のオモチャの電池だとしても同じ商品を送ってくれるわけ?」

「…ぇぇ」

「すみません。よく聞こえません」

「はい、…そうです。た、たまに…い、いらっしゃいます」

恥じらいで消え入りそうな女性の声に、My単一電池から液が漏れました


11/17 浮浪者

四六時中ネタ考えてるんですか?

意味がわからない。四時から六時のあいだは、間違いなく寝てる。おしっこに起きない限り寝てる。だいたい、遊びでサイトをやってる以上、ずっとネタを考えてるわけがない。悪いけどネタを考える時間があるなら、ボクは違うことに時間を費やす。もっと真剣に考えなくちゃならないことがあるんだから

そう、サンタさんに何をお願いしようかなっていう


11/14 豆知識

ナツグミ

学名 Elaeagnus multiflora

英名 cherry elaeagnus、 gumi

科名 グミ科 属名 グミ属

性状 落葉低木

用途 中〜大鉢 庭園

原産地 日本

ポケモングミ

●プラスチックカード1枚

ご存知、ピカチュウを始め250種類以上のポケモンカードが入ったポケモングミ!さあ君もバケモンGETだぜ!

海賊王グミ パート4

●プラスチックカード1枚

●トレーグミ入り(グレープ味)

●カード全25種類/グミ全5種類

絶好調の「海賊王グミ」シリーズ!通算150枚になるぞ!グミカ専用オリジナルコレクションアルバムが当たるキャンペーンも実施

ポップンベリーグミ

●プラスチックカード1枚

●カード全40種類

かわいいシールが入った、「ポップンベリー」のグミが登場!シールは全部で40種類!キラキラバージョンもあるよ。グミは「ベリーナ」・「メロリーナ」・「バニャニャン」それぞれのキャラクターのかたち。味もそれぞれのフルーツの味がたのしめるよ!

 
果汁グミ

コンコードグレープとマスカット、甘さ控えめ香り高いピーチ。果汁100%使用の贅沢なおいしさのグミです

ダイエットグミ

1粒で糖分を約60%カット(約2時間有効)しますので身体にも無理がありません。食事や甘いものを食べる約10〜15分前にダイエットグミを1粒食べて下さい。携帯に便利な分包タイプですのでお酒の席などにお持ちいただけます

えっと、何が言いたいかと申しますと、   グミ公式サイトへようこそ!

サイト名を勢いだけでつけた結果がこれですよ。みなさんもサイト名はよく考えてからつけましょう


11/12 フォームレス

さんねんいチクビの方が面白いね

このメールの送り主は、何と比較して言ってるんだろうか?ガッツ石松のギャグと比較しているの?それとも石田純一の素足にローファーというスタイルと?まあ、自分の ヤプース を褒めてもらって悪い気はしないのだけれど。でもアナタは忘れている。世の中にはもっともっと面白いものがあるということを

ボクの顔の方が断然面白いです。

お母さん、わざわざメールありがとう。ボク、今日も見世物小屋で元気に働いています。あなたにソックリな笑顔で


11/10-1 山田君へ

夜中の11時過ぎに、「ゲームしようぜ」って

コントローラ持参で遊びに来るのは

常識ある社会人のすることじゃないと思います

ボンバーマンて

始まった瞬間、壁と爆弾の間に挟まり

大声で「しまった!」と言うのは

閑静な住宅街ではご法度です。やめていただきたい

あと、「押してない、オレ絶対押してないのに、何で爆弾出るんだよ」って

それはドクロを取ったからです

いい加減、ルールぐらい覚えて下さい

持ち主なんだから


11/10-2 奉行

「ねえパパ、おぶぎょうさまってナニ? えらいの?」

「えっ、お奉行様? ケンちゃん、どうしたの急に。時代劇でも見たの?」

「おじいちゃんが ママは なべぶぎょう だって いってたから」

「ああ、それは鍋奉行と言ってね、鍋料理をした時のママのあだ名だよ」

「ふーん、じゃあ えらくは ないんだね」

「トリビア見ながら、机を叩いてる人が偉いわけないじゃない」

「そっかあ。 じゃあさ、かかあでんか ってナニ? えらい?」

「カカア殿下? えっと、お母さんが威張ってる家庭のことだね」

「じゃあママは? いばってる?」

「そ、そんなことないよ」

「でも まいばん ママが うえに なってるんだよね?」

「なっ!? ど、どうして それを?」

「うん、おじいちゃんが おしえて くれたよ」

「あ、あのジジイ…」

「きじょういって いうんでしょ?」

「わーーっ! そ、それも おじいちゃんが 言ってたの?」

「うん! ほそくトリビアだって」


11/07 赤い傘

傘屋の店長になりたい

ボクは傘を差すのが好きだ。初めて自分の傘を買ってもらった時の興奮は今でも忘れない。小さな黄色の傘に、お揃いの黄色い長靴

「ねえお母さん、明日の天気は雨かな?雨がいいな」

そう言ってケラケラ笑う明るい男の子だった。それが今では… いや、その話を始めると本当に顔が曇って瞼の奥からどしゃぶりの雨が降る

ボクが傘を好きなのは、近所に住んでいた女の子のせいだろう。彼女は赤い傘を差し、赤い長靴を履いていた。晴れた日に彼女に会うことは一度もなかった。雨が降ると決まって近所の公園に父親といるのだ。後に知ったのだが、彼女の父親は大工で、母親は彼女が物心がつく前に病で亡くなっている。普段は父親の両親の元に預けられ、雨が降る日だけ父親と赤い傘を差して公園に散歩に来ていた。当時のボクに、理由はわからなかった。とにかく雨が降ればあの子に会える、という不純な動機があったのは事実だろう。雨の中、傘を差すと今でも当時のことを感慨深く想うことがある

みんなは、傘なんて消耗品だと思っていないだろうか?ビニール傘で十分、そんな風に思っていないだろうか?その考えはビニール傘と一緒に今すぐ捨てていただきたい。傘を軽視するなかれ。靴を見れば身分がわかるように、傘のチョイスひとつとっても生活レベルがわかってしまう。以外と見落としがちではあるが、見られていないようで、案外傘は見られている

そんなみんなの生活に合わせた傘をボクがプロデュースしてあげたい。この傘を買ってよかったと心から思わせてあげたい。雨というマイナス材料を、ボクの傘を広げた瞬間、少しでもプラスに変えられたなら。それこそがボクの夢であり希望だ

客の目の前で次々と傘を広げ、これは耐久性に優れてますよ、この傘はこんなに綺麗なポケモンが描かれてますよ、一見地味に見えますが、実は中に日本刀が仕込まれてますよとか。たかが傘ぐらいでとバカにできませんよと。そう教えてあげたいのだ

六本木ヒルズの一角。広々とした店内。所狭しと置かれた傘という名のツボミ。それをお客様が好きなように手にとり次々と綺麗な花を咲かせる夢の花畑

女性アルバイト数名と綺麗な女性正社員が二名。待ち合わせに傘屋。TOKYOウォーカーのTOPに、行列の出来るアンブレラショップ。一日数百という人達が行き交う憩いの場

午後9時。店内には無数に開かれたままのカラフルな傘、傘、傘。商いを終えた充実感。ボクは今日もよく働いてくれた従業員たちに、穏やかな瞳を向けこう告げる

野郎ども、たたんじまいな


11/06 焼きたて

くんくんくん

あさ おきあがると キッチンから おいしそうな においがしたよ

「ママ おはよー いい におい が するね」

「あら、ケンちゃん起きたの? おはよう」

「なにを つくって いるの?」

「クロワッサンよ」

「くろさわさん? えいがかんとく?」

「違う違う、クロワッサンよ。 パンを作ってるの」

「やったー ボク ママのパン おいしくって だーいすき!」

「あ、そうだ。ケンちゃん、おじいちゃん起こしてきてくれる?」

「おやすいごようさ」

ダッダッダッダッ

「おじいちゃーん、 ママが おいしいパン つくってるから はやく おきて おいで… お、おじいちゃん?」

「はぁはぁ、や、弥生さん 美味しい、美味しいのぉ」

おじいちゃんが ママの パンツくってました


11/04 ハロウィン

きょうは ハロウィンパーティー おばけの かっこうで きんじょを まわるよ

「トリック オア トリート おかし くれなきゃ いたずら しちゃうぞ」

「まぁまぁ可愛いお化けだこと はい、お菓子をどうぞ」

でだし こうちょう さあドンドン おかしを ゲット するよ

「トリック オア トリート おかし くれなきゃ いたずら しちゃうぞ」

「お願い。お菓子あげるから…いたずら…して」

みぼうじんの おうちに いっちゃ だめだ

「トリック オア トリート おかし くれなきゃ いたずら しちゃうぞ」

「待ってたよ。さあ、オジさんのチョコバットをキミにあげよう」

パパが つかまりました


11/02 少年時代

子供の頃、爆竹を道端のウンコにさして火をつけ

全員猛ダッシュでその場から逃げるという

頭の程度も育ちもわかる馬鹿な遊びが流行ったことがあります

「すんごいドキドキするね! 危なく服につくとこだった!」

そう言って笑う神谷君の背中に、飛び散ったウンコがついてました