×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恋愛奮闘記 オレがオレが

new/about/mail/link






[01]
急な夕立ちに見舞われ、慌てて入った駅前のコンビニにて。肉まんの補充をする彼女。アルバイトだろうか。笑うと右側にだけ出来るエクボ。白くて長い指先。スラリと伸びた素足にタータンチェックのミニ。可愛らしい耳たぶには金のピアス。左の薬指に銀の指輪。えっ、左薬指に指輪!?いや、人妻がどうした。障害があるほど燃える。恋にハードルはつきものだ。気を取り直して彼女の待つレジへと向う

「いらっしゃいませ、こちら温めますか?」
「はい。人肌で」

電子レンジのターンテーブルを見つめながら、呼吸を整える。ピーッという電子音。温めた弁当を袋に入れた彼女が、飛びっきりの笑顔でこちらに振り向く

「お待たせしました」

ここだ!

「いや、ボクも今来たとこだから」

彼女の手から滑り落ち、中身の飛び出した弁当。ひどく暑かった日の夕立ち。雨がボクの涙を洗い流す。負けてない、俺は神奈川bPガードにも負けてない





[02]
眼鏡屋にて。眼鏡の似合う彼女。淡いピンクの制服。キュッと上を向いた小ぶりのヒップ。細く真っ白なうなじ。ボタン間隔がやけに広いブラウスからチラチラ覗く紫のブラ。惚れた

「よかったら目の検査をしますけど…」
「じゃあお願いしようかな」
「この字は見えますか?」
「見えません」
「では、この字はどうでしょう?」
「見えません」
「うーんと、これは?」
「全く見えません」
「ええー、これも見えませんか?」

ここだ!

「だってあなたが眩し過ぎるから」

チョキで目潰しされるとは。眼鏡ッ子には目がねー、というツカミまで考えたのに言う隙すら与えられなかった。ゴール下は戦場だ






[03]
路上にて。点滅する横断歩道。足早に行き交うサラリーマン。人のスラロームを掻き分け、スクランブル交差点を進む。信号を渡りきったところで、目の前を斜めに横切る女性とぶつかった。

「す、すみません。ボク、急いでいたものですから」
「いえ、私の方こそ、ちゃんと前を見ていなかったから。お怪我はありませんか?」

心配そうな瞳でボクを見つめる清楚なOL。フェラガモのパンプスに、落ち着いたベージュ色のツーピース。引っ詰めにした細い髪。薄くひかれた紅のルージュ。ビンゴ

「ボクなら大丈夫です。でも、コンタクトを落としちゃいました」
「まぁ大変! 一緒に探しますっ」

一生懸命、地面を見つめる彼女。品の良い香水が鼻をくすぐる。母親以外でこんなに女性と接近したのは初めてだ。心臓の高鳴りが彼女にも聞こえそうで怖い

「うーん、ないですねー」
「あ、すみません。ありました」
「見つけました?」

ここだ!

「ええ、アナタを」

アンディー張りの踵落としで全治2週間。bPにならなくていい、もともと特別なOBI-WAN。…ジェダイやね。この試合、もらうぞ魚住





[04]
米屋にて。バス停の前にある一件のお米屋さん。ふと店内を見れば店番をする彼女と目があった。中学生ぐらいだろうか。活発的な感じを受けるショートカット。クリっとした大きな瞳。日本美人特有の白いもち肌。膨らみ始めたばかりの乳房を包む、うっすら透けるスポーツブラ。胸キュン

「一人でお留守番?」
「うん、お父さんとお母さん、今日お芝居を見に行ってるの」
「そっか、ちゃんとお店のお手伝いしてて偉いね」
「ううん、だってお客さんなんて殆ど来ないもの」
「一応、ボク客なんだけど…」
「あ、ごめんなさい。何にしますか?」
「えっと、ヒトメボレ」
「5キロでいいですか?」

ここだ!

「いや、キミにヒトメボレ」

バチンッ。店内に響く張り手の音

な、殴ったな?父さんにもぶたれたことないのに!

バチンバチンッ 反射的に彼女の両頬を張り返す

ふふふ、頬っぺまで真っ赤になっちゃって。遠くから聞こえるサイレンの音。店内に流れる徳永英明。本当の幸せ教えてよ、壊れ掛けのRadio…
安西先生、…Gacktが、…嫌いです





[05]
高級ブランド店にて。最新型のスーツに身を包む背の高い店員。洗練された都会の女性といった印象を受ける。嫌味にならない程度の茶髪。気の強そうな切れ長の目元。すらりと伸びた細く長い脚。マイッチング

「いらっしゃいませー」
「こんにちは」
「今年はいい色のコートが出揃ってます」
「ええ、綺麗ですよね」
「あと、このスラックスも今年よく売れてますね」
「ああ、そうなんですか」
「何かお探しですか?」

ここだ!

「ずっとあなたを探してました」

鳴り響く非常ベル。震えながらしゃがみこむ店員。二人の警備員に腕を捕まれながら、やっと見つけたボクの宝物が遠ざかっていく。モップはお前が折ったんじゃねーか…





[06]
眼鏡屋にてPartU。前回の眼鏡屋では酷い目に遭った。危うく失明するところだった。今回は同じ過ちはしない。気を取り直して駅前のメガネドラッグへ足を踏み入れる

「♪メンメンメガネの良いメガネー」

真っ赤になりながら声を張り上げる彼女。何かの罰ゲームなんだろうか?少しアレな感じを受けるが、人の内面は向き合ってみるまでわからない。恥じらいながらも、ひたむきにメガネドラッグのテーマソングを歌い上げる彼女。愛しいと思った。ぎゅっと抱きしめたい衝動に駆られた。ピンクのブレザーに同系色のカーディガン。膝上5センチのタイトスカートに、光沢のあるストッキング。ショータイム

「♪メーガーネドラッグ、よーいメーガーネー」
「すみません」
「あ、いらっしゃいませー」
「新しくメガネを作っていただきたいのですが」
「ありがとうございます。では、どの(メーカーの)フレームがご希望でしょうか?」
「Ω(オメガ)なんていいですね」
「さすがお客様、お目が高い!」

彼女の持ちネタですっかり台無し。ボクが手を下すまでもなく、店長が彼女の髪を鷲掴みにして店内奥へと消えて行く。OFFICEと書かれたドア越しに聞こえる彼女の嗚咽。店長の罵声。ボクの頬を伝う涙が止まらない。赤は止まれ、だ






[07]
交番にて。駅前にポツンとたたずむ派出所。黒い背表紙の書類にペンを走らせる巡査がひとり。やましいことがなくても交番に入るのは毎回ドキドキする。これはいったい何故だろう?そんなことを考えながら、派出所の前でぼんやり立ち尽くしていた。

「どうしました?何かお困りですか?」

ボクの肩をポンと叩き、にっこり微笑む婦警さん。推定年齢22歳、短く切り揃えられたショートカットにチョコンと乗せられた制帽。まだあどけなさの残る顔立ちに不釣合いなほどの色香。窮屈そうな制服の下に潜むスイカップ。ドッキュン

「実は道に迷っちゃいまして」
「そうですか。で、どちらに向かっていたんです?」
「えっと郵便局に行きたいのですが」
「郵便局なら、この信号を左に曲がって300メートルほど進んだ左手側です」
「ご親切にありがとうございます」
「いえいえ、これも仕事ですから」
「でも、もういいんです。郵便局には行きません」
「えっ、どうしてです?」

ここだ!

「切手を貼る必要がなくなりました。さあこのラブレターを受け取ってくだs」

ガチャリ

なんだろう、ボクの両腕に光る銀のワッカは。なんだろう、この重量感溢れるシルバーアクセは。「おいーも、おいもー、おいもーだよー」軽快に流れる石焼いもの不調和音。交番から飛び出してきた巡査がボクを抑えつける。グニャリと歪む視界。グウの音も出ないほどにやられたな。人生ワースト3に入る屈辱だ






[08]
銀行にて。

「番号札5番でお待ちのお客様?」

窓口へ向かう足が止まる。モスグリーンの制服と肩まで伸びた艶やかな黒髪。微笑む口元にはチャームポイントの泣きボクロ。メリークリスマス

「お振り込みですね。では、こちらの用紙にご記入をお願いします」

震える手で彼女から用紙を受け取る。用紙にペンを走らせながら気がつけば鼻歌を唄う自分がいた。ボーイミーツガール、ロマンスの神様この人でしょうか。

「お客様、住所が記載されていませんが…」
「ええ、知ってます」
「えっ?」

ここだ!

「貴方と二人で住むには、ボクの部屋は狭すぎるから」

キョトンとする彼女。「ヤダ、まじキモいんですけど!」声を荒げる女子高生。ボクとの距離を徐々に詰めてくる警備員が二人。絶対諦めない男、三井。ボクは座席にあった日経新聞を丸めると、警備員に向かって走り出したんだ。






[about]
この世には男と女しかいない。年頃の男子は、やらせてくれるという口約束だけで人を刺し、女子はヤスキヨの真似をするだけで股を開く。左を制する者は世界を制し、リバウンドを制する者は試合を制す。そしてバスケを愛する者は安西先生を愛する。桜木君がガッツを。三井君は混乱を、後にとびきりの飛び道具を。そうして出来あがったのが今の湘北バスケ部。いや、それがどうしたと言われれば返事に窮する。とにかく、私も恋愛に関しては、まだまだ中学生の域を出ない。知識の9割はポパイとホットドッグから仕入れた情報という体たらく。このサイトは、恋愛経験の無い素人童貞が、こうすれば女性と付き合えるんじゃないのかという机上の空論を、自ら実践することで真実の愛を求める究極の軟派サイトである。彼女募集中

link : free





[mail]








[link]
d.j.ペリカンマッチ イチオシ。文章で笑わせる能力は桁外れ
隻腕アトム こういう知的な文章に憧れる。天才です
まつお道場 着眼点の良さと読後の清涼感。お見事
まるみえ!魚市場!! どうやったらこういう発想が出来るのか教えてほしい
ひよこグミ パンチラで飯が食える奇特な人































わざわざスクロールしてもらって悪いんだけど、何もないから


ゴミ箱

[07]
空港にて。横殴りの乾いた夜風。空にきらめく無数の金貨。羽田空港の北ウィング、通称ビッグバードの屋上。眼下には一定間隔で緑色にライトアップされた滑走路。離陸と着陸を繰り返すジェット機の轟音。そんな光景をうっとり眺めるカップル達に混ざり、一人の女性がボクの目にとまった。カシミアコートにバーバリーのマフラー。折れそうに細い足首に、キラリと光るアンクレット。肩より少し長いソバージュに黒目がちの瞳。メリークリスマス

「こんばんはー、綺麗ですねー」
「ええ。搭乗手続きを済ませると、必ず屋上へ出るんです。ウフッ私って変でしょ?」
「奇遇ですね、ボクと同じだ。ライトアップされた羽田空港は実に素晴らしい」
「あーあ、私も彼氏と一緒に見たかったなぁ」

ハッ、そうだ!

「サンタさんて本当にいるんですね」
「えっ?」
「こうしてアナタに出会えました」

プシューッ。ハンドバッグから取り出された催涙スプレー。目が、目がァ…。もんどりをうちながら、地面でもがき苦しむボク。ドガッボコッ。うずくまるボクを一組のカップルが笑いなが蹴り始めた。わらわらとボクの周囲に集る人垣。ドガッゴツンッ。羽田空港で突如開催されたワールドカップ2003。ベッカムならぬガッデムという黄色い声援。やっちゃえやっちゃえと叫ぶ女性陣。クチの中いっぱいに広がる血の匂い。ひとしきり蹴り飽きたカップルが消えると、一人の板前がボクの頭上でカツラ剥きを始めた。「お前は刺身のツマだ。泥にまみれろよ」 あ、あんた誰?





[08]
自動車教習所にて。三度目の正直で、やっと通った仮免試験。今日からは待ちに待った路上教習の開始だ。少し緊張気味に教官の到着を待つ

「ごめんごめん、お待たせ。じゃあ早速乗ってみよっか☆」

冬の柔らかな陽射し。目の前に突如現れた女神。膝上10cmのタイトスカートに紺ベスト。ドギマギしながらの乗車。手を伸ばせば届く距離にいる教官。彼女の身体から放たれる甘ったるい柑橘系の香り。発車オーライ

住宅街を抜けると前方に見えるラブホテルのネオンサイン

「ん、緊張してるの?何だか落ち着きがないけど」
「す、すみません。ボク初めてなもんで」

言っちゃった。何をやってるんだオレは。自分で童貞だとバラしちゃ駄目じゃないか!

「ちょっと休憩しよっか。車を路肩に止めて」
「えっ、路上でするんですか!ホテルじゃなくて?」

キキーッ!

教官自らが引いたサイドブレーキ。しこたま鼻を打ちつけたハンドルから飛び出すエアバッグ。足早に遠のく教官の後ろ姿を見つめながら、真っ白なエアバッグが鼻血で真紅に染まっていく。どこで間違えたんだろう?何がいけなかったんだろう?長男の名前まで考えていたのに…。残された車の中で開かれる独り反省会。頬を伝い溢れ出る涙。止まらない鼻血。左手は添えるだけだ